T-win miniBODは、ホットスワップ対応トレイを8基備えた外付けストレージサブシステムです。
内部には新世代のシリアルインターフェース“Serial-ATA”または次世代SCSI技術“Serial Attached SCSI (SAS)”対応のハードディスクを8台搭載出来ます。
搭載出来るハードディスクは2.5inchモデルを採用。コンパクトな筐体は取っ手が付いており持ち運びにも苦労しません。

miniBODは新世代インターフェース「Multilane」に対応したモデル。PCとの接続にはminiSAS(SFF-8088)ケーブル(2本)を使用します。
ホストPC側にはMultilaneコネクタを搭載したホストアダプタが必要です。

またPCの背面スロットに取り付けるタイプのminiSAS to miniSASコネクタ「ML-miniSAS-HOST2」を使用する事で、内部のminiSASポートを外部のminiSASポートに変換する事が出来ます。これによって内部コネクタしかないRAIDカードでも外部にストレージを出す事が可能になります。
お使いのPCで動作するRAIDカードを用意すればminiBODを接続出来ますので、miniBOD自体は使用するOSを問いません。
これとRAIDカードの内部ポートはRAIDカードに付属の物か、もしくは「ML-miniSAS-IN05(50cm)」または「ML-miniSAS-IN23(23cm)」を使用することが出来ます。

超高速ストレージ 20Gbpsの広帯域で余裕のデータ転送  

R380.jpg
ATTO Express SAS R380と組み合わせると500〜600MB/sの転送速度を叩き出します。
セットモデルではATTO Technologyの「Express SAS R380」を標準セットとして販売しておりますが、その他Areca社製RAIDカード「ARC-1680ix-8」「ARC-1221X」などもお勧めです。

コンパクトな筐体  

miniBOD_2.jpgmini-ITXベアボーンと比較しても小さな筐体は2.5inchの軽いハードディスクと相まって持ち運びや移動に便利です。


スペック  

ホストインターフェース
Multilane miniSAS*2 (Infiniband x4 20Gbps)
対応ハードディスク
2.5inch Serial-ATA / SAS (Serial Attached SCSI)
冷却
クーリングファン8cm×2
アラーム
エラー発生時/温度異常時
電源
ACアダプタ 150W
寸法
232(奥行)×157(幅)×310(高)mm
付属品
ACアダプタ、電源コード、ネジ

Data-On-Go.png

今回ATTO Technologyの協力を得ましてminiBodとATTO ExpressSAS R380 RAIDアダプタとのバンドルキャンペーンを開始致します。
RAIDカードと必要な接続ケーブルがセットになり、ハードディスクも8台組み込まれておりますので、購入後すぐRAIDアレイを構築する作業に入れます。

minibod_data_on_go.jpg

ハードディスクのラインナップは250GB、320GB、500GBの3種類。お好きな容量を選択出来ます。
ATTOのRAIDカードはWindowsはもちろんのことMacOSX、Linuxにも対応。様々なプラットフォームでお使い頂けます。
Express SAS R380の更に詳しい情報はこちらLinkIcon

型番
※価格は全て税別
250GBモデル
MAXSERVE MiniBOD RAIDシステム model250

予想小売価格 308,000円

320GBモデル
MAXSERVE MiniBOD RAIDシステム model320

予想小売価格 318,000円

500GBモデル
MAXSERVE MiniBOD RAIDシステム model500

予想小売価格 380,000円