MAXSERVE NS-760Sは、ホットスワップ対応トレイを8基備えた外付けストレージサブシステムです。
内部には新世代のシリアルインターフェース“Serial-ATA”または次世代SCSI技術“Serial Attached SCSI (SAS)”対応のハードディスクを8台搭載出来ます。

NS-760Sは新世代インターフェース「Multilane」に対応したモデル。PCとの接続にはInfiniband(x4)ケーブル(2本)を使用します。
ホストPC側にはMultilaneコネクタを搭載したホストアダプタが必要です。
弊社ではAreca社製RAIDカード「ARC-1882X」との組み合わせをお勧めします。

またPCの背面スロットに取り付けるタイプのminiSAS to miniSASコネクタ「ML-miniSAS-HOST2」を使用する事で、内部のminiSASポートを外部のminiSASポートに変換する事が出来ます。これによって内部コネクタしかないRAIDカードでも外部にストレージを出す事が可能になります。
お使いのPCで動作するRAIDカードを用意すればNS-760Sを接続出来ますので、NS-760S自体は使用するOSを問いません。
これとRAIDカードの内部ポートはRAIDカードに付属の物か、もしくは「ML-miniSAS-IN05(50cm)」または「ML-miniSAS-IN23(23cm)」を使用することが出来ます。

NS-760S.jpg

NS-760S

ホットスワップ対応のHDDトレイが8つ装備されています。

超高速ストレージ 20Gbpsの広帯域で余裕のデータ転送  

ARC-1221X.jpg
8ポートのRAIDカードと組み合わせると500〜600MB/sの転送速度を叩き出します。
弊社ではAreca社製RAIDカード「ARC-1882X」をお勧めしています。このカードはWindowsOSの他、MacOSX、Linux、FreeBSD等各種オペレーティングシステムに対応しており、WebGUIによるRAID管理も使い勝手が優れているのが特徴です。
その他キャッシュメモリを最大4GBまで増設可能な「ARC-1882ix-12」「ARC-1882ix-16」などもお勧めです。

多様な拡張性  

ML-miniSAS-HOST2.jpg
16ポートのRAIDカードであればNS-760Sを2台、24ポートのRAIDカードであれば3台繋げることが出来ます。
内部ポートしかないRAIDカードでも大丈夫。ML-miniSAS-HOST2を使えばRAIDカードの多くで現在使用されている内部miniSASコネクタを、外部miniSASコネクタとして出すことが出来ます。
16ポートのRAIDカードはLSI MegaRAID9280-16i4e、又はAreca社製ARC-1882ix-16。24ポートはARC-1882ix-24、Adaptec社製Adaptec RAID 52445がございます。

ML-CONV-mini.jpg
左側はmini-SASコネクタ(SFF-8088)
右側はスクリューコネクタ(SFF-8470)


ベンチマーク結果  

MacPro 2.66GHz DualCore RAIDカード:Areca ARC-1221X (PCI-Express)

NS760S_1221X.png

NS760S_1221XR6.png

KONAのシステムベンチマークテストです。ハードディスク8台でRAIDを構築しています。
FrameSize、FileSizeとも厳しいテストを課しているにも関わらず、RAID6時でもRead/Writeで600MB/s以上のスピードを叩き出しています。

Intel Core2Duo / RAIDカード:HighPointTechnologies RocketRAID3520 (PCI-Express)
HDD:Seagate BarracudaES.2 (1TB) 8台

RAID5_8HDD_RR3520.JPGRAID5_8HDD_RR3520_HDbench_small.gif
RAID5時

RAID6_8HDD_RR3520.JPGRAID6_8HDD_RR3520_HDbench_small.gif
RAID6時

スペック  

ホストインターフェース
SFF-8470 Multilaneスクリュー*2本 (Infiniband x4 20Gbps)
対応ハードディスク
Serial-ATA / SAS (Serial Attached SCSI) 6Gbps対応
冷却
クーリングファン6cm×4(自動速度制御)
アラーム
エラー発生時/温度異常時
寸法
232(奥行)×157(幅)×310(高)mm
付属品
電源コード、ネジ、キー
保証
1年

サポート  

FAQ

Q) マルチレーンケーブルは何メートルまで伸ばせますか?
A) Serial-ATAハードディスクを使用する場合は規格上2mまでです。SASディスクを使用する場合は規格上8mまでです。

Q) 内蔵HDを1台ずつ使うことは出来ますか?
A) 組み合わせるRAIDカードの仕様に依ります。通常一般的なRAIDカードにはJBODモードがあり、1台づつそのモードで設定すればいいだけです。

Q) PCとの接続は?
A) Infiniband(x4)ケーブル2本で接続します。ケーブルは別売ですのでお使いのRAIDカードのコネクタに合うケーブルを併せてご購入ください。
NS-760Sはマルチレーン「スクリュー式」コネクタ(SFF-8470)が2つ装備されています。

Q) SATAハードディスクとSASハードディスクを共存して使える?
A) 可能です。但しSASハードディスクを使用する場合は、当然ですがSAS対応のホストバスアダプタをご使用ください。

Information

「Avid Media Composer Adrenaline HD」、「Final Cut Pro」、他多数のシステムで動作確認済です。

HDD組込済トータルセットモデル  

エンクロージャ単品販売のほか、弊社でハードディスクをセットで出荷するモデルもございます。
RAIDカード、ケーブルが全てセットになっていますので、他に買い足す必要がございません。
また製品保証についてもセット全てに3年間保証が付属します。
[New] RAIDカードがArecaの最新モデルARC-1882Xに変更になりました。
※ご希望にてLSI/3ware/Adaptec/Highpoint等に変更可能です。

商品名
MAXSERVE NS-760S ストレージシステムセット
型番
NS-760S/8TB
NS-760S/16TB
NS-760S/24TB
NS-760S/32TB
搭載ハードディスク
Seagate ConstellationES.3 1TB〜4TB (8台)
RAIDカード
Areca ARC-1882X
ケーブル
ML-CONV-mini1M (1m) 2本
保守
3年(センドバック対応)
価格(税込)
お問い合わせくださいませ。
対応OS
Areca ARC-1882Xが動作するOS。
Windows/MacOSX/Linux他多数対応します。

ご注文・お問い合わせは弊社営業もしくは販売代理店まで。