logo.jpg

革新的なモジュラーOS「EOS」を搭載した新世代10GbEスイッチ。
Arista 7100シリーズは1Uラックマウントサイズに24/48ポートの10GbEポートを装備し、データセンターやサーバ・ストレージ間通信、大量のデータを取り扱う映像・音声アプリケーション、レンダリングファーム等に最適です。
10GBASE-Tシリーズもラインナップに加わり、いよいよ10Gイーサ時代の到来です。

Arista Networks 製品仕様表

 

1Gスイッチ

 10/40Gスイッチ  

 10G-BaseT

製 品

7048T-A

7124SX

7050S52

7050S-64

7050Q-16

7050T-64

7050T-52

スイッチ容量 176Gbps 480Gbps 1.28Tbps  
最大ポート数

52

24

52

64

 52

QSFP+
(40G/10G×4) 

0

4

16

4

 0

SFP+
(1G/10G) 

4

24

52

48

8

0

4

1/10Base-T

0 

48

100/1000Base-T

48

0

SSDオプション

×

遅延 3μs

0.5μs

0.8-1.15μs

0.8-1.15μs(SFP+)

0.95-1.35μs(QSFP+)

0.8-0.85μs(SFP+)

0.8-1.15μs(QSFP+)

3.6μs(RJ45)

0.95-1.35μs(QSFP+)

3.6μs(RJ45)

0.8-1.15μs(SFP+)

消費電力
(通常時/最大)

174/212W 

120/210W

103/185W

125/220W

192/303W

372/430W

 347/405W

サイズ H4.4cm×W44.5cm×D40.64cm
重量

7.17kg

8.18kg

9.5kg


共通項目
・冗長電源(1+1)
・ホットスワップ対応電源
・ホットスワップ対応ファン
・リバーシブルエアフロー

Arista 7100/7050シリーズ

特徴  

  • 高性能、低レイテンシ 10ギガビット/40ギガビットL3スイッチ
    • 最大1.12Tbpsのスループット
    • 最小500ナノ秒のレイテンシ7100_family.jpg
  • EOS
    • カスタマイズ可能なオペレーティングシステム
    • モジュラー構造のメモリ保護アーキテクチャ
  • ハイ・アベイラビリティ
    • インサービスソフトウェアアップデート
    • ホットスワップ対応のリダンダント電源ユニット・冷却ファン
  • 柔軟な構成
    • 全てのポートは10GbEとGbEに対応
    • エアフローを前後に入れ替えが可能
  • データセンターへの特化
    • 1Uラックマウントサイズ
    • 高効率な消費電力

EOS  

Arista 7100シリーズ最大の特徴は革新的なオペレーティングシステム『EOS』です。
完全モジュラー構造のシステムは堅牢性と可用性に優れ、万一の障害発生時やオペレーティングシステムのアップデートの際にもシステムに影響させることなくリカバリーやアップデートが可能です。
AristaEOSはデータセンタークラスの要求や、クラウドネットワーキングにも最適なオペレーティングシステムです。

主な特徴

  • 独立したモジュールは他に影響させることなくアップデートが可能
  • 自動自己修復機能
  • サードパーティによるカスタマイズが可能
  • 標準的なCLIによる簡単なマネージメント

Support

FAQ  

Q) 10GbEポートとGbEポートを混在して使用出来ますか?
A) はい、可能です。また光モジュールトランシーバの使用も可能です。

Q) 10Gbase-CR(10GSFP+Cu)ケーブルは何メートルまでの長さがありますか?
A) 1m,2m,3m,5m,7mの長さのケーブルをご用意しております。

Q) 10Gbase-Tケーブルは何メートルまでの長さが可能ですか?
A) カテゴリ5e/6ケーブルでは55mまで。カテゴリ6aもしくはカテゴリ7ケーブルを用いると100mまでのケーブル長が可能です。

Q) 7050Q-16が64ポートになっているのは何故ですか?
A) 40GbEのQSFP+ポートにQSFP+ to SFP+ケーブル(40GbEから4つの10GbEに分岐)を使って合計64ポートに出来るからです。

Q) QSFP+ to SFP+ケーブルの長さは最長何mですか?
A) 現在の所3mまでのケーブルを販売中です。

7124S.jpg
7124SX
7050S-52.jpg
7050S-52
7050S-64.jpg
7050S-64
7050Q-16.jpg
7050Q-16
7050T-64.jpg
7050T-64
7050T-52.jpg
7050T-52
10GBASE-CR_cable.jpg
10Gbase-CR(10GSFP+Cu/規格名 SFF-8431)ケーブル

Arista 7048T-A 10GbE/GbEハイブリッドスイッチ  

Arista 7048T-Aは、サーバ・アクセス用のワイヤスピードのレイヤ2/3スイッチです。1000Mbpsポートを48個、1/10Gbイーサネット・アップリンクを4個搭載し、ネットワークのリーフ(葉)レイヤとスパイン(幹)レイヤを最大40ギガビットで接続できます。AristaのExtensible Operating System(EOS)を搭載し、Zero Touch Provisioning (ZTP)とvmTracerの機能によって、スイッチおよびネットワークの自動プロビジョニングを実現します。現在市場に出回っている一般的なトップオブラック・スイッチと違い、すべてのポートに先進的なバッファリング機能を備え、輻輳制御に特化したアーキテクチャを実装しています。

Arista_7048.jpg

特徴

  • 高性能ギガビット・イーサネット・アクセス
    • ノンブロッキング1000Mbps(RJ-45)48ポート、1/10GbEアップリンク(SFP+)4ポートを搭載
    • 最大176Gbpsおよび120Mppsのレイヤ2/3スイッチング
    • リーフとスパインを最大40ギガビットで接続可能
  • 大容量バッファ搭載のアーキテクチャ
    • 768MBのパケット・メモリ
    • 全ポートで最大50msのトラフィックの同時バッファリングが可能
    • ポートごとに8個の仮想出力キューへ帯域幅を均等分配する輻輳制御
  • Arista EOS™
    • お客様のニーズに合わせてカスタマイズできる拡張可能なオペレーティング・システム
    • 細密なモジュール構造のメモリ保護アーキテクチャ
    • Linuxのツールや機能を利用可能
  • 高可用性
    • インサービス・ソフトウェア・アップグレード(ISSU)により稼働中でも更新が可能
    • ステートフル・フォールト・リペア(SFR)による自己回復機能
    • ホット・スワップ可能な冗長電源と冗長ファン
  • スイッチおよびネットワークの自動プロビジョニング
    • スイッチの展開を簡素化するZero Touch Provisioning (ZTP)
    • vmWareのvSphereデータセンター・ハイパーバイザ向けにVLANを自動的にプロビジョニングおよび再構成するvmTracerエージェント
  • データセンター向けに最適化
    • 1ラック・ユニット(RU)
    • 反転可能な前面/背面排気のエアフローで柔軟な設置が可能
    • 省電力設計:通常消費電力174W

7048T-A_spec.png

7048と他社製品の比較

7048_1.png

Arista7048だと・・・

7048_2.png